斎場

日本では葬式(宗教によって異なるが通夜・告別式)を行える場所のこと、特に葬式の執り行いに特化した施設のことをいいます。

葬儀を行う施設としては主に2つあります。

公営の施設・・・市町村や一部事務組合・公社が運営する。(地名、~営+斎場 、 聖苑」等の名称が多い)

民間の施設・・・葬祭業者が運営する(「会館」や「~ホール」等の名称が多く、「葬儀場」や「葬式会場」ともいいます)

斎場では葬儀に必要な物(祭壇・仏花・僧侶など宗教家の手配など)を葬祭業者が準備する事が普通で多く、葬儀が行われるまで亡骸を安置する霊安室や、遺族・親族向けの控え室(布団を借りて通夜から翌朝まで一泊することが出来る場合もあります)が設置されている施設も珍しくありません。

公営施設で火葬場だけを設置することはほぼ無くなり、火葬場と葬儀会場を併設した「公営斎場」が設置されるようになっています。このため、公営斎場=火葬場も併設されている場合もあります。公営斎場は運営自治体の居住者であれば料金が抑えられるなど低料金ですが、どちらも利用に当たっては「会場使用料」が徴収されることが普通です。