神式 葬儀

神式葬儀(神葬祭)は日本古来の日本独自の宗教である神道で行なわれる葬儀です。神道式の葬式である神葬祭は、家に留めて守護神とするための儀式とされています。

葬儀の進行については仏式葬儀と基本、変わりませんが違う点がいくつかあります。仏式葬儀で言う通夜にあたるものを「通夜祭」といい、葬儀、告別式にあたるものを「葬儀祭(神葬祭)」と言います。日本の仏式葬儀の次に多く行なわれている葬儀の形です。
仏式葬儀と異なるのは、「手水の儀」とそれに続き執り行われる「玉串奉奠」(たまぐしほうてん)といい、仏式の焼香にあたるものは「手水の儀と玉串奉奠」になります。