社葬

創業者や会長・社長、社業に多大な功績をのこした人物などが対象となり、顕彰の意を込めて企業が主催して行う葬儀のことをいいます。運営の主体が企業にあり、企業の経費で葬儀が執り行われます。

個人葬で密葬を行った後、社葬(本葬)を行うというのが一般的な社葬の流れのようです。社葬と他の葬儀との違いは、一般の葬儀では施主はご遺族であるのに対し、社葬は故人の属していた企業になり、また、葬儀の目的も、社葬はより社会的な意味合いの強いものになります。

個人葬は死者を哀悼し慰安することをその趣旨としていますが、社葬はそれのみならず、故人が企業に遺した業績や、企業の今後の体制が磐石であること などを知らしめる役割も併せ持っているようです。

その他に社葬には、「お別れ会」「合同葬」等があります。