葬式 花

通夜や葬儀に用いられる花に類があります。

枕花・・・(通夜の前)亡くなった人の枕元に通夜の前から飾る花のこと。故人と特にゆかりの深い人や、故人と特に親しかった人が、故人と遺族の気持ちに寄り添う花として贈ります。

供花・・・(通夜・通夜と葬儀)故人の供養のために祭壇にお供えする花のこと。故人と親しかった人や遠方のため通夜葬儀に参列できない人、子供一同、孫一同、親族一同、会社職場から贈ることがあります。故人と近い近親者などの遺族や親族、親しかった人、会社関係者などの順に祭壇の中央に近い方から飾ります。

花輪・・・(通夜・通夜と葬儀)葬儀の際に葬儀場の周辺に花輪を飾る地域がありますが、葬儀の式場によっては飾ることができないこともあります。企業から贈るケースが最も多いようです。

献花・・・(葬儀告別式)参列者が焼香をする代わりに、お花を1本ずつ祭壇に捧げます。献花に使われる花は白い花で、造花ではなく生花です。花はカーネーションや菊などが良く用いられ、バラは棘があるため、故人が特に好きだった場合以外は用いらないようです 。