仏事

仏教における祭事のことをいいます。死者の冥福を祈る行事。法事、法要、法会と同じ意味を持ちます。

仏になった故人を供養するという意味の仏教用語で、追善供養ともいい、故人を偲び、冥福を祈るために営みます。

仏教において、亡くなってから49日間を「中陰」と呼びます。
この間、七日ごとに閻魔大王による裁きが行なわれ、極楽浄土に行けるかどうか、判定が下されるのが四十九日目で来世の行き先が決まるとされています。この日が忌明けとされ、この日を過ぎると年忌法要となります。
遺族は、七日ごとの裁きの日に合わせて法要を行ない、極楽浄土に行った故人がさらなる精進の道へと導くために営むもので、故人が成仏できるように祈ります。