葬儀 祭壇

仏教の祭壇は、仏・菩薩、死者や故人の供養のために葬儀式に用いられる壇です。形態的に常設のものは寺院仏堂内の仏像を安置する須弥壇や家庭用の仏壇があり、仮説のものは、葬儀用祭壇、四十九日までの中陰壇、また盆に使う精霊棚があります。

祭壇には遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。伝統的に、白木祭壇が用いられてきました。近年、花祭壇を選ばれる方も増えているようです。

仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします。

キリスト教の場合は、お花を飾り十字架を設置します。

神式の場合は、祭壇には神饌物(しんせんもの)や幣帛(へいはく)という神道の儀式にならったお供えものを飾ります。