納骨

納骨には2つの意味があります。

・遺体を火葬したあと(=遺骨の状態にした後)、骨壷に入れること。

・骨壷などに入れていた遺骨を、お墓や納骨堂などに納めること。

現代ではほとんどの場合、火葬したあと骨壷に納め、仏壇や祭壇などに安置した後お墓や納骨堂などに納めます。「遺骨をお墓に納める」行為または儀式という意味で使われます。仏式では、お墓がある場合は、四十九日や一周忌などの法要に合わせます。またお墓がない場合も一周忌を目安にお墓を用意し納骨するのが一般的です。

さまざまな納骨があります。

1. お墓に納骨・・・火葬後の遺骨は骨壷に入れてしばらくの間供養したのち、お墓に納めます。お墓に納骨するのが最も一般的な形の納骨です。

2. 納骨堂に納骨・・・・火葬後の遺骨を納めるための建物を納骨堂と言い、建物の中に遺骨を納めるロッカーのような形式のスペースがあり、契約した区画に遺骨と位 牌を納めるようです

3. 散骨・・・納骨というイメージではありませんが、 その他に故人の遺骨を供養するやり方としては散骨などがあります。許可制となっているところがあり、専門業者によっては火葬許可証・埋葬許可証などの提出を求められるようです。
主に、生前に故人の強い希望があった場合や、無宗教の方が利用されているようです。

4.樹木葬・・・認可された専用の墓地において、墓石の代わりに樹木を墓標とする樹木葬という供養の方法があります。宗教や宗派を問わないのが特徴です。

先祖代々の墓や位牌のある菩提寺の僧侶に相談される事をおすすめしますが、お墓が遠方にあったり、すぐに納骨できるお墓がないなどあれば、お寺や霊園にある納骨堂に一時的に預かってもらうということも出来るようです。だいたい三周忌をめどに正式に納骨を行います。