会葬

「会」社の「葬」儀と思われる方がいるかもしれませんが、会葬とは、「葬儀に来てくれた行為」そのものを指し、葬儀・告別式に参列することを言います。
葬儀に出るときは開始前、告別式のときは時間内に着くようにし、コート類は脱ぎ、受付にて「この度は誠にご不幸なことで……」などお悔やみを述べながら香典を差し出し、記帳します。
通夜の時も含め、受付がない場合はそのまま式場へ進みます。
お焼香も速やかに行い、式途中での中座は避けます。お焼香の回数は、あまり宗派や作法にとらわれることなくされているようです。お気持ちを込めれば良いと思います。
式が終わったら控室で待機後、霊柩車の側で出棺を待ちます。

式の前か焼香時、または終了後に遺族にお悔やみを述べ、霊前に香典を供えます。