葬式 香典

もともと香典とは、香の代金のことで、葬儀や法事の際には焼香をしたり線香をあげたりしますが、その香の代金として香典を渡しました。

死者の霊を弔うために線香や抹香の代わりに霊前に供えるものという意味があります。葬儀という突然の出費に対してお互いに助け合うという意味もありますので、訃報の知らせを受けたら、通夜または葬儀(葬式)のいずれかに香典を持参します。両方に参列する場合は通夜に渡す人が多いようです。参列できない場合は、不祝儀袋に包み、現金書留の封筒に入れて、お悔みの手紙と一緒に送っても構わないようです。
御香典を入れる熨斗袋の表書きや、のし袋そのものも宗教によって異なります。例えば蓮の花の絵が入っているものは仏教にしか使えない・・などです。先方の宗教がわからない場合には「御霊前」と書いたものであれば、だいたいの宗教に用いることができます。
また、「御霊前」は、通夜・告別式のいずれでも使えます。