葬式 お布施

お布施は仏式の葬儀のときに必要になり、まず葬儀におてもらい、読経をあげて供養します。通夜、葬儀・告別式、初七日法要までの供養をお願いすることが多いです。

「お布施」とひとまとめにして呼ばれている費用には、

・読経料・・・お経を読んでもらうことに対する謝礼

・戒名料・・・戒名をつけてもらったことに対する謝礼

・お車代・・・お坊様を招いた際にかかった交通費

・御膳料・・・お坊様が会食に参加しない場合に渡す食事代(会食に参加する場合には、渡す必要はありません)が含まれています。
大切な人の成仏を祈り、法要や読経など仏様の教えに対する感謝を込めて、僧侶を通して御本尊に供えるもの、というのがお布施の本来の意味のようです。