葬式 生花

 「生花」は、宗教問わず、お供えとして使えます。

キリスト教式の葬儀では、造花や花環などに用いず、生花のみを供花として使います。  ※生花(「せいか」。造花ではなく生の花という意味)

自分で持参してもいいですし、葬儀社や花屋等に頼んで手配してもいいです。その場合、通夜の日の午前中の手配します。白黒や黒のリボンをかけたり、水引きをかけたりします。原色の生花は避けます。