葬儀 献花

葬儀告別式では、参列者が焼香をする代わりに、お花を1本ずつ祭壇に捧げる花を献花と言います。

キリスト教では、葬儀の際に焼香はしませんが、参列者が順番に祭壇の上に1本ずつ白い花を供えていきます。キリスト教の献花に使われる花は白い花で、生花でなければいけないという決まりがあります。 花の種類は問いませんが、カーネーションや菊、白百合などが良く用いられ、バラは棘があるため、故人が特に好きだった場合以外は用いません 。

献花に用いる花は、宗派や地域などによって異なるようですが、キリスト教以外の葬儀で用いられる献花は、故人が好きだったお花(生花)を使うことが多いようです。