葬式 礼状

お葬式のお礼状とは、葬儀に来て頂いた方、または供花や弔電()を頂いた方にお送りする「お礼の手紙・はがき」のことをいいます。

お礼状の1つに「会葬礼状」というものがあり、お葬式に参列して頂いた方にお渡しするものです。

お葬式に来て頂いた方に、返礼品と一緒に会葬礼状も渡すのが一般的で、葬儀社の方が用意してくれる場合がほとんどです。

会葬礼状以外で使うお礼状について

お礼状が必要なのは、お葬式には参列されず「香典を頂いた」「供花を頂いた」「お供物を頂いた」「弔電を頂いた」、このような場合にお礼状をお送りします。

お葬式には参列されず、香典だけ・供花だけ・お供物だけ・弔電(お悔み電報)だけを頂いた場合は、お葬式が終わったらできるだけ早めにお礼状と、お返しをするのが一般的です。(頂いた金額の半分から3分の1の金額を返します。)

供花やお供物の値段は分からないので、大体の金額を出してお返しを決め、お返しの時期は、基本は49日後になりますが、早くても問題はないので、お礼状と一緒にお返ししてしまっても構わないようです。