喪服 女性

喪服には「正式」と「略式」があります。

♦正式の喪服を着るのは三親等の親族までです。

※ 洋装・・・帽子、長袖の黒ワンピース、金具の付いていないバッグ、黒のストッキング、黒い靴

※ 和装・・・黒無地に染め抜き五つ紋付き、白半襟、黒の綸子か絞りの帯揚げ、黒の帯、黒の平打ちか丸ぐけの帯締め(帯締めの端は弔事では下向き)、無光沢の地味なバッグ、白足袋、黒草履

♦参列者は「略式」

※ 洋装・・・葬儀・告別式は準喪服のブラックフォーマルスーツ、急な弔問やお通夜は略喪服のダークスーツ(パンツスタイル)でも可能です。ある程度流行を取り入れたものが主流。基本は長袖が原則ですが、立場と季節に合わせて半袖や五分丈等選びます。黒か白の真珠で必ず一連で身に着ける。黒で装飾のないバッグ、黒ストッキング、黒靴(ヒールは3~5㎝で太めのものがベスト)

※ 和装・・・地味な色無地の着物紋付、白半襟、帯は黒無地、黒の帯揚げ、黒の平打ちか組紐の帯締め、白足袋、黒草履、髪飾りや帯留めは不要です。ただし、黒地に紋付の着物を選んでしまうと、正式な和装喪服に見られてしまう可能性があり、親族以外ですとマナーとして失礼になる場合がありますので、洋装を選ばれる方が多いようです。