供養

供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言い、語源はサンスクリット語の、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています。

供養には、仏や菩薩、諸天などに対しての仏教の供養と、死者や祖先に対する追善供養としての供養が広くみられます。ちなみに死者の霊に供物を捧げるなどして、冥福を祈ることを追善供養と呼びます。

また、仏や人間にとどまらず動物など、死者に対してという意味で幅広く供養と呼んでいます。さらに、人の生活に密接した物や道具に対しての供養も行われています。

例としては、動物供養、針供養、鏡供養、写真供養、仏壇供養、経典供養、印章供養、人形供養などがあります。