祭壇

宗教的儀式を行うときに、神仏や霊をまつったり、供物を捧げたりするための壇。

お葬式で正面に鎮座している祭壇とは、葬儀式・告別式用の装飾壇のことをいいます。遺影や供物を飾り、祭壇の周りを供花で囲んで、故人を偲ぶという意味があります。祭壇はお葬式をあげる宗教によって種類が異なります。

仏式の場合は祭壇の前に教机がおかれ僧侶が読経をします。

キリスト教式の場合も神父や牧師が祭壇に向かってお祈りを捧げます。

元々祭壇とは、仏式で主として使用される上部が宮型、寺院建築風風の装飾物は昔の葬列で用いた輿(柩を運ぶ道具)が変形したものである。現在では葬儀式の法要・拝礼のための表現装置という意味があります。