神道 葬式

神道とは、日本固有の様々な神様を信仰する多神教の事です。

神道(しんとう)の形式によって行われる葬儀を、神葬祭(しんそうさい)といいます。

神道で行われる葬儀は仏式とは異なります。
仏式は故人を極楽浄土に送るための葬儀ですが、神葬祭は故人を極楽浄土に送るのではなく、故人の御霊をその家にとどめて、家の守護神とするための儀式です。

神葬祭では仏式のように焼香や線香を用いることはなく、仏式で行われる焼香は行いません。
また、仏式には欠かせない数珠も必要ありません。

では、焼香の代わりに何を行うのか。
それは、「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」と呼ばれるものです。
玉串とは榊の枝に紙垂(しで)を付けたものをいいます。その玉串に、故人の霊を慰める気持ちを託して、祭壇前にある玉串案に奉奠(ほうてん=捧げる)します。これは、仏式で言うお通夜や葬儀、法事などでも焼香の代わりに行われる作法です。
玉串を捧げたあとは二拝二拍手一拝(にはい にはくしゅ いっぱい)の作法でお参りしますが、神葬祭や五十日祭までの拍手は、音を立てないようにそっと手を合わせる忍び手にします。

神道において死とは穢(けが)れであるため、神の鎮まる聖域である神社で葬儀を行なうことはほとんどなく、故人の自宅か、別の斎場で行ないます。
神道でいう「穢れ」とは、「不潔・不浄」だけを意味するものではなく、肉親の死による悲しみや、ハツラツとした生命力が減退している状態、それこそが「気枯れ」=「けがれ」であると言われています。