葬儀 花

葬儀に参列する際、弔意を示すために花を贈ることがあり、 この花を供花と呼びます。

「供花」とは、故人に供えるお花のことを言い、これは死者の霊を慰めると同時に、祭壇・会場を飾るという意味もあります。
遺族や親族、故人と親しかった人などが贈るほか、遠方のため参列ができない人が贈ることがあり、また、香典辞退の葬儀であった場合に、香典の代わりに供花を贈ることもあります。
ちなみに供花は、1つを一基(いっき)、2つで一対(いっつい)と数えます。