お通夜

通夜とは、「夜」を「通じて」故人を見守るという意味を持ちます。

葬儀の前夜に親類や故人と親しかった知人が集り、夜を徹して死者に邪霊が入り込むことを防ぐために、終夜、死者と共に過ごし、故人との別れを惜しむ儀式とされています。故人のそばで、ローソクの火・線香を絶やすことのないように見守って過ごします。

以前は、夜を通して行われていたが、現在の多くは、1時間から3時間程度で終わる「半通夜」になっているようです。
また、告別式に出席できない人が故人とお別れをする場にもなってきています。