火葬場

火葬場とは、遺体を荼毘に付す(火葬する)場所、施設のことです。

火葬場には運営が公営のものと民間のものがあり、公営では複数の自治体が共同で運営をする火葬場もあります。

一般的には火葬場は公営で運営している場合が多いですが、東京23区は、民営の火葬場が多いという珍しい自治体です。

高い煙突から煙が登ってという火葬場のイメージがありますが、近年では、近隣環境への配慮から実際に煙が昇る火葬場は少なくなっているようです。

かつては、集会場や墓地へ運ばれ、そこが葬儀の場所であり、火葬する場所でもありました。そういった場所を称して斎場と言っていました。

葬儀や告別式を自宅や集会所で行い、出棺して荼毘にふすのを火葬場と分けるようになり、実際には斎場と火葬場が別の場所を指すようになっていきました。ただ、火葬場を斎場という習慣が残っているところも多く、実際、斎場と火葬場が併設されている自治体も多く存在しています。