弔電

弔電とは、お通夜や告別式に参列できない場合、喪主、ご遺族に対して弔意を表すために、お悔やみの言葉を伝える電報のことです。

弔電は、一般的には、通夜・告別式が行われる場所に葬儀の開始時間までに、喪主宛に送るのが基本とされています。

(参列できない場合、葬儀の前日までに届くように電報を打電することが望ましいです。急な場合、遅くとも葬儀開始3時間前までには電報が届くようにするといいようです)

励ましの意味を込めて送る場合、喪主宛ではなく、知人宛でも問題ないようです。

弔電は、あくまで形式的なものなので、故人が生前お世話になった方や、大切な方であった場合は、日を改めて弔問したり、弔慰を表す手紙を送ったりしましょう。