お葬式

本来は「葬儀(式)」と「告別式」とが別個に行われていましたが、一緒に行われるようになったためにできた言葉が「お葬式」です。
お葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」となります。

「葬儀ならびに告別式」というのが丁寧な表現になります。

「葬儀」とは本来は死者をあの世へ送るための儀式です。
ですからしばしば宗教儀礼によって執り行われます。
これに対し「告別式」とは参列あるいは会葬した人たちが、
焼香や献花をもって死者に対してお別れをする儀式のことです。