葬儀

葬儀とは、死者を弔う儀式のことです。

故人と親しくしていた友人などが最期の別れを告げる告別式も引き続き行われることが多いようです。また最近では、頻繁に集まることができないこと等の理由から、7日後に行なう初七日法要を告別式に引き続いて行なうことが多くなってきているようです。

葬儀の起源は、宗教が発生する以前から人類では行われてきた儀式のようで、約6万年前の旧石器時代ネアンデルタール人の遺跡からも葬儀らしき跡が発掘されたようです。日本の大部分を占める仏式の葬儀においては、浄土真宗と日蓮宗を除き、故人が釈迦の弟子となり、成仏させる「旅立ち」の儀式との位置付けになっています。