仏壇

「仏壇」の本来の意味は、文字通り、仏像や仏具を飾り、仏様を祀る台のこと。

家庭のお仏壇は、寺院にあるお仏壇(内陣)を小型にして、厨子と一体化して箱型にしたものになります。ですので、お仏壇は家の中のお寺のような存在です。

ですが、日本人にとってお仏壇とは、お位牌と共にご先祖様や亡くなった親族をお祀りし、対話をするためのものでしょう。

お仏壇の中央にあるくびれた台の部分は「須弥壇(しゅみだん)」と呼ばれます。これは仏教世界の中心にそびえるとされる須弥山をかたどったもので、これより上は清浄な仏の世界、下は地上世界だということを表します。
須弥壇の上には「宮殿(くうでん)」があり、その中にご本尊の仏像・仏画などが祀られています。
お仏壇の各所は、動植物や菩薩・天人などの彫り物や蒔絵などによって荘厳に装飾され、これらは「浄土」、つまり汚れのない清浄な世界を表していると言われます。

また鎌倉時代に日本にもたらされたお位牌は、江戸時代に入って一般家庭でも使われるようになり、各家に位牌壇が設けられました。この先祖祭祀を行なう場である位牌壇と、ご本尊を祀る仏壇が集合したのが現在の「仏壇」です。