宗派(しゅうは)

日本のお葬式の約9割は仏教式で行われています。
仏教でのお葬式は、キリスト教のお葬式と同じようにに臨終の直後から始まり、その際に遺族の方がやるべき事が決まっています。通夜・葬儀式・告別式・火葬という流れも大体決まっています。そして、同じ仏教でも宗派によってお葬式に違いがあり、それぞれの宗派の教義・宗旨によって葬儀の意義や葬送の作法が異なっています。遺族となって仏式で葬儀をされる場合、故人が帰依していた宗派、もしくは喪家としての檀那寺が属す宗派によって葬儀をするのが基本です。