散骨

今回は散骨について簡単に説明させていただきます。

散骨(さんこつ)とは、一般には、故人を火葬した後の焼骨を粉末状にし、海、空、山中等でそのまま撒く葬送方法をいいます。特に海に散骨する海洋葬は日本人の意識や生活様式の変化に伴って認知度が徐々に上がってきています。 遺骨をそのまま散骨することは禁止されています。近代では散骨に対応している会社が増えてきています。

故人・遺族に思い出がある場所などでされることが多いです。