ご焼香と拝礼のマナー

焼香には、座礼・立礼・回し焼香があり今回は一般的に多い「立礼」の基本作法を紹介します。

・次の人が会釈してから親族の前まで進む。遺族に
一礼し、焼香台の手前3~4歩ほどの所へ進んだ
ら、祭壇に向かって深く一礼する。


・さらに焼香台の前まで進み、抹香を右手の親指、
人さし指、中指の3本でつまむ。


・頭を軽く下げ、香をつまんだまま目の高さまで掲
げる(浄土真宗を除く)。


・抹香を香炉の中に、静かに落とす。香を掲げる回
数は宗派によって異なる。


・数珠を両手に掛けて合掌する。


・同じ向きのまま2~3歩下がり、遺族に一礼して
から、自分の席に戻る。