葬儀の挨拶マナー

葬儀などで最も注意したいことが「挨拶」です。通夜・告別式・葬儀などで、ご遺族に向かってお悔やみの言葉と元気づける言葉をかけるときに、使用してはいけない言葉があります。

◎「この度はまことにご愁傷様でした。謹んでお悔やみ
申し上げます。」
◎「ご逝去の報に接し、幾多のご厚情を思い、誠に痛惜の
念でいっぱいです。心からご冥福をお祈りいたします。」
◎「ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。安らかに
ご永眠されますようお祈りいたします。」

『重ね重ね』『たびたび』『またまた』『重々』『いよいよ』『再び』などは使用しないのがマナーです。