喪主について

遺族の中から、喪主を決めることになります。喪主とは、遺族の代表者で、葬儀・葬式の主催者、責任者となります。弔問客を受けたりするのが主な務めとなります。喪主の選び方は、基本的に故人ともっとも縁の深い人を選びます。優先順位は、配偶者、長男・長女・故人と同居していた子供・故人の親友という順になります。

通常、喪主が行う作業は僧侶や弔問客への対応です。実務的な仕事は葬儀社や世話役が行います。