四十九日とは

ご逝去された故人の魂が家を離れてあの世へ向かう日を差します。
亡くなってから次の世に生を受けるまでの期間 は 49日であるといわれており,故人の冥福を祈って49日目にその供養を終了する。それまでは7日毎に追善供養する。
その日に法要を行い、無事あの世へと行けるように遺族はお経を上げ、四十九日の法要を無事済ませると忌明けになります。忌明け後、
葬儀に参列いただいた方に香典返しを送ります。