お通夜服装マナー

 

昔、お通夜は喪服だと死を準備していたと思われ不適切とも言われていましたが、今はお通夜の参列のみの方も増え喪服を着用することが一般的です。お通夜の服装は基本的に冠婚葬祭用の黒スーツ、ネクタイ、靴下、靴も黒で揃えます。金具類、毛皮類は身に着けません。女性のメイクはナチュラルなもので、マニキュア、香水等はつけずストッキングは黒で素足は避けます。アクセサリーは基本NGですが、パールネックレスの一連ならば大丈夫です。