葬式の遺族マナーについて

葬儀は遺族や親族が故人の冥福を祈り、成仏を願って行われる儀式です。
一方、告別式は故人の友人・知人が最期のお別れをする儀式となりますが、最近では葬儀と告別式が同時に行われるのが一般的です。

僧侶の読経中、案内があったら、まず喪主、親族(血縁の濃い順)に焼香を行うのが一般的です。その後、参列者が焼香を行います。

告別式の終了時に喪主または遺族代表があいさつを行うのが一般的です。最後のお別れとして柩のふたを閉めた後に行う場合や、出棺のお見送りの時に行う場合もあります。

服装について、女性は、かっちりとしたシルエットのオーソドックスな、肌を隠すデザインの服を。バッグや靴、ストッキングなども黒で統一しましょう。
アクセサリーは光るものは避け、パール、ブラックパール、黒珊瑚などを。立場によってはつけないこともあります。和服は、黒無地五つ紋が正礼装。小物も全て黒で、足袋は白。アクセサリーはつけず、羽織は着ないのがマナーです。

男性は、黒の礼服ですが、会社から行く場合は紺やグレーのダークスーツでもOK。ネクタイは黒の無地を。
金時計など光るものは外し、ネクタイピンも用いない方が良いですが、パールなど光らない物なら、カフスボタンとお揃いでつけます。ワイシャツは白でボタンダウン等は避けます。和装なら、「黒紋付に羽織、袴」で良いでしょう。

小学生以下の子供は、白いシャツに紺やグレーの服を合わせる。制服があれば、それを着せましょう。

喪主・遺族は主催者側として「喪章」を着けることがマナーです。