通夜の親族マナーについて

喪主は葬儀に関して決めなくてはいけないことがたくさんあります。

葬儀会場や棺・祭壇の種類など、分かることがあれば、親身になって相談にのってあげましょう。

葬儀には、供花や供物を供えなければいけません。 親族であれば、これらを用意することは当然のマナーです。 喪主と相談して、葬儀社に依頼しましょう。葬儀社は、プロですから適切なアドバイスをして下さいます。

席次について、本来は喪主が柩に近いところに座り、次に遺族、親族という順になります。焼香台に近い方から順に座る場合もあります。祭壇に向って座るなど形式によって異なるので、確認が必要です。

焼香の順番は、喪主から始まり、順次故人とつながりが深い順に行います。部屋の広さや形式・規模によっては、回し焼香を行う場合もあります。その後、参列者の焼香となります。

遺族との関係が遠い親族であっても、弔問客からしてみれば、あなたと遺族がどれくらいの関係なのかは分かりません。喪家側として弔問客に対応するように心がけることがマナーとして大切です。