喪服について

本来喪服とは、ご遺族が「喪に服している」ということを意味するものです。
正式(モーニング・和装など)と略式(ブラックスーツ・ブラックフォーマルと呼ばれるもの)があります。
参列する側は、故人を偲ぶための正装をするという意味で、略式の礼服を着用します。
仮に正式のものを持っていたとしても、親族よりも格が上にならないようにするため、略式の喪服を着用しましょう。また、喪章はご遺族(関係者)であることを示すしるしなので、喪章を腕に巻くことで喪服代わりになるという考えは誤りです。

不幸を聞き、取り急ぎ駆けつける仮通夜は、地味な平服でかまいません。喪服を着て行っては、不幸を予期していたようで、かえっておかしいとされています。

通夜も、告別式の前日に親戚や故人と親しかった友人・知人などが「取り急ぎ駆けつける」といった意味合いが残っていますが、急でない限りは葬儀・告別式と同様に、ブラックフォーマルを着用することが一般的です。

葬儀・告別式に参列の場合は、その場にふさわしい服装として、基本的にブラックフォーマルを着用します。控えめな服装を心がけましょう。
最近では貸衣装でレンタルすることもできますが、突然の訃報にあわてないためにも、冠婚葬祭全てに使えるフォーマルウェア・靴・バッグ等を、一式持っておいたほうがよいでしょう。