お葬式の花の手配について

お葬式に供える花を「供花」といいます。
「供花」とは、「きょうか」もしくは「くげ」と読み、故人に供える花のことを指します。供花には死者の霊を慰めると同時に祭壇や会場を飾る意味があり、葬儀の際は、親族や親戚一同と書かれ祭壇の両側に置かれていることが一般的です。また、供花の手配に際しては、いくつかの注意点が存在します。突然の訃報に動揺し、マナーを間違えることの無いよう、事前に把握しておくことが大切です。

お葬式に供える供花を手配する際は、花屋、または葬儀社に依頼することになります。葬儀社に依頼する場合は、まず葬儀会場に連絡して担当している葬儀社を確認し、その後、直接その葬儀社へ連絡します。
供花については、遺族や親族、故人と親しかった方などが贈ることが一般的です。友人一同や会社ごとの名義で贈る場合の他、故人に近いご親族の方が取りまとめているケースもあります。そのため、一度周囲の方に連絡を取ることをおすすめします。