葬儀のプランについて

葬儀プラン

 

葬儀のプランは、大きく火葬式」「一日葬」「家族葬(密葬)」「一般葬の4つに分けることができます。
「火葬式」や「一日葬」は、儀式を行わなかったり、簡略化したりといった、比較的新しい見送りのスタイルです。「家族葬(密葬)」や「一般葬」は、死亡後に搬送をして、通夜、葬儀・告別式、火葬という流れで進む一般的な葬儀プランです。

「火葬式」とは、通夜、葬儀・告別式などの儀式を行わずに、火葬だけで故人を送るスタイルで、「直葬(ちょくそう)」とも呼ばれています。「儀式は行いたくない」、「郷里であらためて葬儀をするので、火葬だけをしたい」、または経済的な理由から「最小限にしたい」という方を中心に、都市部から広がってきたスタイルです。

「一日葬」とは、通夜を行わずに告別式から火葬までを1日で執り行うスタイルで、先にご紹介した火葬式に、お別れの儀式がプラスされたものです。別名「ワンデーセレモニー」とも言われています。
「火葬式では寂しいが、2日間の葬儀は負担が大きい」「2日間の葬儀では、スケジュールや体力的に難しい」という方向けのプランと言えます。主に、近親者のみに訃報を通知して、告別式に参列していただきます。

「通夜」と「告別式」を行う一般的な葬儀のプランが「家族葬(密葬)」「一般葬」と呼ばれるものです。 家族、親族、親しい方々だけで葬儀を執り行う場合は家族葬(密葬)となり、一般参列者にもお集まりいただく場合は一般葬となります。

どんなプランを選ぶ場合でも、「こういう部分に気をつけておけばいい」と知っておくだけで、無用の後悔を防ぐことができます。
それぞれのプランの特徴と、プランごとの注意点についてしっかりと検討したうえで、納得できる葬儀プランをお選びください。