冠婚葬祭のマナーについて

冠婚葬祭とは人が生まれてから亡くなるまでの様々な行事を儀式化したもので、様々な慣習や儀式の中でも特に、日本古来伝わる四大儀礼の、
「冠=成人、婚=結婚、葬=葬式、祭=年中行事」のことです。

日本人の多くが信仰する仏教や神道の教えに基づくものもあれば、普段の生活の中から伝えられてきた慣習も多くあります。
季節の節目や人生の節目を大事にする日本人の美的感覚を今日に伝承しています。

現代では、季節感覚や宗教感覚など様々な意味で、個人の思想というのが多様化している時代です。
必要以上に形式にこだわる理由がなくなりつつありますが、長い歴史の中で定着してきてマナーには意味があるものです。

幼いころからの経験上、たり前のように身に付いているものもありますし、知っておけば特になることもたくさんあります。
冠婚葬祭で大切なのは、昔からのやり方を正しく伝えることよりも、その行事の意味を理解して、より良い人間関係を結ぶ「気持ち」です。

わからないことは、聞いたり調べたりしても決して恥ずかしいことではないのですが、最低限の「マナー」と、してはいけない「タブー」があることを心得て覚えたほうがよいでしょう