通夜と葬式の違いについて

通夜は本来、故人と生前親しかった友人や知人が弔問に訪れ、故人の家族や親戚と共に別れを惜しむ儀式です。夜通しで故人との別れを惜しむ儀式であるため「通夜」と呼ばれているのですが、近年では「告別式に出席できない人のお別れの場」としての認識が広まりつつあります。また、夜通し行われることも少なくなっており、今では短時間で終わる「半通夜」が主流となっております。

葬式の意味は「僧侶が故人に引導を渡し、成仏へ導く儀式」のこと。通夜と葬式は混同されがちですが、意味合いが異なります。通夜は、故人と遺族が一緒に過ごす最後の晩。

葬式は、僧侶が故人を成仏へ導く儀式です。ですから、故人と近しい関係の人は、通夜と葬儀の両方に出席するのがふさわしいといえます。故人との親交が浅い場合は、通夜のみに参加することが多いでしょう。