火葬代について

通夜や葬儀にかかる費用は葬儀会社に支払いますが、それとは別に火葬場には火葬代を支払う必要があります。

火葬場には公営の火葬場と民営の火葬場があり、公営の火葬場を利用したときのほうが安く火葬をすることができます。

公営の火葬場は自治体が運営するもので、主に市単位で設けられています。これに対して民営の火葬場は葬儀会社などが設置し、運営をおこなっているものです。公営の火葬場のほうが、民営の火葬場を利用するより安く火葬を行うことができます。公営火葬場の場合の火葬代は数千円から4万円程度で、無料のところもあります。

火葬代の相場は公営火葬場では15000円、民営火葬場では35000円となっています。

公営の火葬場は住民サービスの一環として運営されているという性格を持っています。そのため民営の火葬場よりも安く利用できるのです。

また、自営業者などは健康保険として国民健康保険に加入していますが、この国民健康保険が行う給付のひとつには「葬祭費」というものがあります。葬祭費は通夜や葬儀の費用や火葬代の負担を軽減するため、国民健康保険に加入している人が死亡した場合に支払われます。

いくらが支給されるかは健康保険によって異なるので、いざというときのために確認しておきましょう。