直葬の費用について

一般的なお葬式では、お通夜・告別式・初七日などの一連の儀式が行われますが、直葬とは、一般的な宗教儀式を行わず、身内のみで火葬だけを行うものとされています。

故人のお見送りに際して、決まった儀式を執り行うことは、もちろん大事なことと考えますが、現代の核家族化や無宗教など、様々な問題から、直葬によるお見送りも多くなっているようです。

直葬は基本的に儀式はありません。
逝去から遺体の安置、その後の火葬というシンプルな流れです。        特別な儀式をまったくしない直葬の場合、20万程度で行うことが可能なようです。葬儀社にもよりますが、基本的なものがすべて含まれているパッケージを選べば、何も手間なく、すべてサポートしてもらえます。

費用的にも負担が少ないため、家族が少なくなった昨今、多く見られるようになり、また無宗教の方も多く、菩提寺を持たない家も多いので、直葬をされる方も多くなってきました。                            とはいえ、いつの間にか亡くなり、火葬まで終わらせてしまうと、やはり故人の知り合いや周りのかたは、お別れをしたかったという声も多く聞かれます。

故人を見送る形は様々で良いと思います。
残された家族に負担がなく、またこれからも故人の思い出を胸に刻めるような形であれば、それが形式にとらわれない形でも良いのではないでしょうか?