親族のお葬式の服装について

以前は、遺族や親族などの喪家側は、弔辞では正式礼装を着用するのが基本でしたが、近年は男性の場合、略礼装のブラックスーツを着て通夜、葬儀、告別式に臨むことがほとんどです。                           女性は、通夜に洋装の正式礼装を着用し、葬儀と告別式で和装の正式礼装に着替えるのが一般的ですが、葬儀と告別式も洋装にする人が多くなっています。

ちなみに、和装と洋装に格の上下はありません。

男性の場合、シャツは白無地で、ネクタイは黒無地に。シングルかダブルのブラックスーツ。派手なアクセサリーや時計は付けない。カフスボタンを付けるなら、黒石のものを。ネクタイピンも付けない。裾はシングルが良い。靴下は黒無地。靴は光沢のないシンプルなものを選ぶ。

女性の洋装の場合、髪はすっきりまとめます。髪飾りはなるべく避け、つける場合は、つやのない黒のリボンやバレッタを選びます。正式礼装の場合は、結婚指輪以外のアクセサリーを控えて、シンプルな化粧を心がけます。マニキュアもNG。上着は長袖、スカートの丈は長めにする。ストッキングは黒。柄入りやラメ入りのもの、タイツは好ましくない。靴やバッグは黒の布製が正式。もしくは、光沢のない革製で金属や飾りがないものでも良い。靴はオーソドックスなデザインのパンプスで、ヒールは3cm~5cm程度を目安に。

和装の場合、アクセサリーは結婚指輪以外はつけない方が良いです。時計も外してバッグの中へ。バッグや草履は布製が正式です。季節に合った素材のものを着る。冬は羽二重か一越ちりめん、夏は駒絽(こまろ)か平絽(ひらろ)のものが良いでしょう。半襟、足袋、じゅばんは白。それ以外の帯、帯締め、帯揚げ、草履、バッグなどの小物は黒で統一する。帯は袋帯で地紋があっても良い。

家紋は実家の女紋か、婚家の家紋をいれます。レンタルを利用する場合は、家紋を必ず確認しましょう。