お通夜とお葬式の違いについて

お通夜はまだ生死の境にいる故人が息を吹き返すことを願ってその名の通り「夜を徹して故人に使えるもの」です。生きているときのように故人に食事を用意し、夜は線香・灯明(※①とうみょう)を絶やさずに故人を見守り続けます。

しかし翌日の通夜は夕方から行われることが多いため仕事後にも参列しやすく、現在ではお葬式の代わりに多くの弔問客が参列するようになっています。

お葬式とは、故人に僧侶により引導を渡し成仏へと導く儀式のことです。現在では告別式と区別されないことが多いですが、告別式は故人の親しかった人が最後の別れを告げる儀式という意味合いがあります。

お通夜とお葬式は最近では同列に扱われていますが元々はその趣旨が異なります。