家族葬について

「家族葬」に関心が集まっている理由としては、高齢化の進行と少子化や価値観の多様化 など社会的背景が考えられます。また、一人っ子同士の夫婦の場合など、両方の親の葬儀を行わなくてはならず、「葬儀にお金をかけられない(かけたくない)」という人も増えています。

家族葬とは大まかにいえば、参列者を限定する葬儀で葬儀自体は変わりません。参列者は、家族や家族に準じた方のみで行います。一般の方とのお別れの場はありませんが、通夜と葬儀式を行います。

家族葬のメリットは、参列者への気遣いに追われることがないため、精神的・体力的に負担が軽くなります。故人を偲ぶゆったりとした時間をもつことができます。一般の方へおもてなしの必要がないので、受付や会葬返礼品を準備しません。家族葬は家族のみが参列するので、参列者の人数を事前に把握しやすくなります。

家族葬のデメリット は、事前に周囲の理解が必要です。低料金でできる式と考えられがちですが、参列者が少ない場合、香典収入で葬儀費用が賄えないことがあります。参列をご遠慮いただいた方が後日、自宅へ弔問にいらしてくださり、その方への対応や返礼品の手配など、葬儀後もゆっくりできないということがあります。「どうして呼んでくれなかったのか」と批判されることもあるため、家族葬をご検討される際は今後の付き合いを考慮し、慎重な対応が必要です。