火葬式について

火葬式・直葬は、近年増えてきています。経済的に余裕がない方、残された遺族に負担をかけたくない方にとっても、存在意義のある葬儀スタイルです。

お葬式は本来、通夜・告別式・火葬という流れで執り行われるのが一般的ですが、最近は、葬儀に費用をかけたくない、高齢で亡くなったため呼べる親族・知人がほとんどいない、仏教離れにより儀式としての葬儀の重要性が薄れた、などの理由により、簡素な火葬式・直葬をする方が増えてきております。

通常の葬儀に比べて安価ですが、亡くなった場所からの搬送、納棺、安置、死亡診断書の提出と火葬埋葬許可書の取得、火葬が必要ですので、葬儀社への依頼が必要になり、ある程度の費用がかかります。

火葬式・直葬であるからといって故人への思いや心がないというわけではなく、火葬式・直葬の際に僧侶にお経を読んでもらうこともできますし、心を込めて故人を送り出すこともできます。