お葬式の常識について

葬儀やお通夜に出席する場合には、まず宗教などの違いによる形式の違いに注意する必要があります。

どの宗教でもお通夜や葬儀に出席する際には服装にあまり違いはありません。  男性・・・無地のホワイトシャツに黒ネクタイ、黒のスーツ、黒系の靴下が基本。女性・・・黒以外でも紺など地味な色で、派手にならない落ちついた服でも大丈夫です。化粧は控えめにしてアクセサリーは付けません。
アクセサリーは、結婚指輪はOKですが光るものと、毛皮などの殺生したものは基本的に付けてはいけません。                         基本は落ち着いた服装です。オシャレと礼儀は別のものです。礼を尽くし、喪に服す場で目立つ必要はありません。急な場合も多いのでレンタルなども利用されても良いと思います。

また、香典に新札のお札はいけません。
新札の場合には、自分で折り目を付けてでも、折り目のついたお札を入れましょう。

、葬儀がどの形式で執り行われるかを、事前に確認することが出来る場合は確認しておき、仏式の場合には、数珠があれば持参します。葬儀、告別式のいすれかに出席するとよいでしょう。葬儀(お通夜ではなく)の場合には、途中で退場したりせず、出棺まで見送ります。

訃報を聞いて急いで駆けつける弔問では香典を持参する必要はありません。
(準備していたようにも思われてしまいます。通夜の際に渡せば良いです。)

宗教や宗派によって葬儀のやり方や焼香の作法などが異なるため、突然の葬儀にも落ち着いて参列できるよう基本的なマナーは頭に入れておきたいものですが、最も大切なことは故人の冥福を祈り遺族の気持ちを大切にすることです。突然の訃報にも慌てないようにしておきましょう。