葬式の参列について

誰のお葬式までいけばよいのか?

結論から言うと、会ったことがない人の葬儀であっても大事な人の身内である場合は 参列してもよいと思います。通夜か告別式かどちらに参列するべきかということについては、 かつては身内以外は告別式に参列するのが一般的でしたが、今はその限りではありません。
現在では仕事の都合もあり、通夜に参列する人の方が多くなっているのが実情です。 どちらにしなければならないということはないので、都合がつく方に参列しましょう。

家族葬に参列する場合、 一般葬のときとはまた違った点に注意が必要です。 家族葬は一般の会葬者を招かずに家族や近親者のみで執り行われます。
ごく親しい間柄の知人・友人が参列することもありますが、 それは遺族側が願う場合のみです。 原則、遺族側からの案内で参列願いがあった場合のみ参列します。

大切なのは亡くなった方に線香を手向けたいという気持ちと遺族の気持ちですのです。
人生は一期一会なのですから、 自分の気持ちに向き合い、遺族の方を尊重して判断しましょう。