葬儀の花について

・仏式や神式のお葬式では、菊、蘭、百合などの白いお花が用いられます。

祭壇とのバランスを考えて、スタンド形式であったり、フラワーアレンジの形式であったり、また地域によっては、葬儀場周辺に花輪を飾る地域もあります。また、関西では、しきみ(樒)という常緑樹を並べます。

・キリスト教式の葬儀では、造花や花環などは用いず、生花のみを供花として使います。

百合などの白い花が用いられます。白百合が一般的ですが、故人が好きだった花があれば、その花を用いることもあります。
菊は仏教で用いられることが多い花ですが、キリスト教では洋花が多く用いられます。白薔薇(バラ)はトゲがあるため使用されません。

なお、キリスト教式の葬儀では、仏教で行うような焼香はなく、かわりに献花が行われます。
献花は、葬儀ミサの後、告別式の際に行われ、用意されているお花を献花台に捧げる儀式であり、上記でご紹介した供花(故人や団体が、各自で故人をしのびお供えする花)とは別のものです。