神式葬式について

神道(しんとう)の形式によって行われる葬儀を、神葬祭(神式)といいます。
神葬祭では、人が死去(帰幽といいます)しますと、神社の神職が神道の形式にて執り行います。
神道で行われる葬儀は仏式とは異なります。
仏式は故人を極楽浄土に送るための葬儀ですが、神葬祭は故人の御霊をその家にとどめて、家の守護神となってもらうための儀式です。

神道において死とは穢(けが)れであるため、神の鎮まる聖域である神社で葬儀を行なうことはほとんどなく、故人の自宅か、別の斎場で行ないます。
しかし神道でいう「穢れ」とは、「不潔・不浄」だけを意味するものではありません。
肉親の死による悲しみ、それによって、ハツラツとした生命力が減退している状態、それこそが「気枯れ」=「けがれ」であるといわれています。

神葬祭では、仏式とは違う作法(玉串奉奠(たまぐしほうてん)等)や神具を使用いたします。初めての方はもちろん、神葬祭のご経験のある方でも戸惑う場面があるかもしれません。ご参列される前に今一度ご確認された方がよろしいかと思います。