一日葬の葬儀について

一日葬とは、従来の葬儀形式にとらわれない、新しい葬儀スタイルです。 通夜は行わず、ご火葬当日に親しい方々にお集まり頂き、告別式のみを行う形式を一日葬と言います。 ご火葬のみのご葬儀では、ゆったりとお別れをする時間がない為、このケースをお選びになる方が、多くなってきています。 大がかりな準備は不要なので、ご家族は大切な方を弔う事に専念できます。

また、お通夜を省略する為、お清め料理やドリンク代が不要になります。その分、経済的なお葬式が行えるのです。

しかし首都圏のご葬儀では、親族以外の会葬者は、主にお通夜にお見えになります。一日葬はお通夜を行わないので、会葬者を招きづらいのが実情です。

仏式のお経は、お通夜、葬儀告別式と、一連の流れがあることに本儀があります。菩提寺様がお有りの方は、一日葬へのご理解を頂きにくいのが現状です。お寺とのお付合いがない方や、無宗教の方はとても適しているといえます。