葬儀とは

よく「葬儀に参列する」と言いますが、「葬儀」という言葉は、正確には「葬送儀礼」を略したものです。
なので、「葬儀」と言えば、亡くなってから、湯潅や納棺、通夜、葬儀式や告別式、出棺、火葬、法事、納骨といった一連のことを指しています。
「葬儀に参列する」と言うときに使う「葬儀」という言葉は「葬儀式」あるいは「告別式」を指しています。
元来は葬儀式一本だったのですが、葬儀式に参列する人が多くなり、狭い自宅には収容しきれなくなり、外で待っていただき、葬儀式の終了後、軒先などで焼香などを行うのを告別式と言うようになりました。
このように、都市化と共に自然発生的に生まれたのが告別式です。地方により、告別式が独立していなかったり、全体を告別式とよんだり、いくつかあるようです。